• グループウェアで必要な設備

    グループウェアは改善が進み、利用する設備も少なくて済むようになってきていますが、グループウェアの機能によっては高性能なサーバが必要になるケースも多いです。

    BIGLOBEニュースの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

    グループウェアの基本的な機能はユーザ管理、メール、スケジュール、会議室などの部屋の管理などがありますが、これらについてはあまり高性能なサーバは必要ありません。


    しかも、多くのシステムがwebベースになっていることからLinuxでもWindowsでも利用できるようになってきました。ただし、ファイル共有や他のシステムとの連動、各種計算機能も利用する際には利用者数に応じて高性能なサーバが必要になることが多くなります。



    グループウェアの機能で注目されているのがファイル共有です。

    会議のPDFやWORD文書などメールで送信していた企業が多かったのですが、誤送信、ファイルのバージョンが古いなどいくつかの問題がありました。

    そこでファイル共有機能を使って最新のファイルを会議参加者がいつでも取得できる仕組みを作っている企業が多くなっています。


    ファイル共有は自社のファイルサーバと同期していることも多く、利用者数に応じてサーバの増強が必要になります。各種機能でサーバの能力がどの程度必要かは変わってきますので、見積り時点で利用するサーバの容量などもチェックしながらシステム設計をすることが大事です。
    特に後から足せばいいという考えではコストばかりがかかることになりかねないので注意したいところです。



  • わかりやすい情報

    • グループウェアはウェブベースが多くなり、一定のサーバがあればすぐに導入できるようになっていますが、注意したいのは利用数とサーバの機能です。利用者は最初から全社員向けに設定されることが多いですが、企業によっては部門別など段階的に導入するケースも多くなります。...

  • 耳より情報

    • グループウェアは1つだけでいいとは限りません。複数のグループウェアを利用している企業も増えてきています。...

  • 専門知識

    • グループウェアは単独で起動されますが、企業の多くが自社のシステムや作成しているデータとの連動を望むようになってきてます。グループウェアの多くはwebベースなので外部との接続はweb経由で行われるようにAPIが解放されているケースが多くなっており、自社システムとの連動がしやすい環境ができています。...

  • 科学の常識

    • グループウェアはトップダウンで導入されるケースが多いですが、社員にとっては便利さよりも面倒だという気持ちが多くなりやすく、導入が失敗に終わるケースが少なくありません。そこでグループウェアを導入する前にいくつかチェックをし、社内で導入をスムーズに進めたいものです。...