• グループウェアの導入前チェック

    グループウェアはトップダウンで導入されるケースが多いですが、社員にとっては便利さよりも面倒だという気持ちが多くなりやすく、導入が失敗に終わるケースが少なくありません。
    そこでグループウェアを導入する前にいくつかチェックをし、社内で導入をスムーズに進めたいものです。

    グループウェアを導入する際に重要になるのが必要性です。
    便利なシステムですが入力されなければデータの利活用もシステムの効率的な利用も行えません。
    そこで既存のデータで初期データを作れないか確認することが大事です。



    すでにあるデータを使えるならデータ入力が極端に減りますし、利用する側にとっても仕えるデータが入っていたほうが入力の参考となります。



    システムを新しく導入するにしても利用する社員に負担を出来る限り減らしておくことが必要です。

    グループウェアを導入する際には社員教育も必要です。
    ウェブベースだから誰でも使えると突き放すのではなく、ログインから細かく社員に理解してもらうことが大事です。
    パスワードを机に貼らないとか、スケジュールは細かく入力するなど基本的なことからしっかり理解してもらうことでシステムの活性化に繋がります。



    システムはある程度入力が進めば自然と利用が増えるのですが、放置していてはいけません。


    定期的に利用についてのアンケートをとったり、改善案をもらうことでシステムの改善に努めていくことが必要であり、放置することは極力避けたいものです。