• グループウェアを導入するには

    グループウェアはウェブベースが多くなり、一定のサーバがあればすぐに導入できるようになっていますが、注意したいのは利用数とサーバの機能です。利用者は最初から全社員向けに設定されることが多いですが、企業によっては部門別など段階的に導入するケースも多くなります。


    そのため、当初は低機能のサーバで実行されることが多いのですが、グループウェアが売上に繋がることは少ないため、利用者数が増えてもサーバ増強しないケースもあり、問題視されています。
    利用者数が増えることが予想されるなら当初から適切なサーバを利用したいものです。

    グループウェアの導入には人的要員がとても大きな比率を持っています。


    グループウェアは他のシステムとは違って人によるデータ入力が要です。



    しかも、自分のためにデータをいれることが多いために手帳など別に管理するツールを持っていればわざわざシステムを利用しようと思わない方も少なくありません。



    そのような方々に情報を入力することで企業にとって利益になると理解してもらうことが重要であり、理解はシステム稼働時には行われていることが理想です。



    グループウェアが使われなくなる理由の最大のポイントでもあり、データ入力がしっかり行われていることで利用される範囲が格段に向上していきます。データが揃っているシステムは利用されることが多いですし、企業にとってもデータの蓄積は重要な観点であり、再利用もや利活用も可能になります。